飲料水は重要な 防災グッズ

地震などの災害が起こる度に、電気や水道、
ガスなどが使用できなくなりますね。
ですから防災グッズとしての飲料水を確保すると言うことは、

重要なことです。
もちろん、自治体は給水車などをが手配するでしょう。
全く水が出に入らないということはないでしょう。

しかし、災害後しばらくは水がない状態が続くことも考えられます。
飲料水は、生きていくためにはなくてはならないものです。
ただ、飲料水は、長期保存は難しいですね。

とくにコンビニで購入した水などは、もつのは半年ぐらいでしょうか。
それでも水は大切なので、保存水というものがあります。
5年ぐらいは持つようです。

加熱や殺菌の処理を保存用にしているからそれだけ
長持ちするのでしょう。
防災グッズは、ラジオなどのグッズに考えがいきがちです。

飲料水の確保について大事な防災グッズとして
考えなければいけないでしょう。

 

コメントを残す