身近な家庭での地震対策

家の地震対策とはどのように行えばよいでしょうか。

○防災グッズを用意しておく

ある程度の現金や貴重品、食料、常備薬等,
生活に必要な最小限の防災グッズをそろえておきます。
さらに持ち出しやすいように準備しておきますしょう。

○地震に強い家であること

最近は耐震偽装などのように、
建築家のモラルの低下で本当に信じられないことがありましたね。
耐震について触れられてないマンションは,今ではほとんどないでしょうね。

それぐらい耐震は重要な要素になっています。
また戸建ての家では柱や基礎の部分が重要になります。
さらに土地も重要です。
地盤が弱ければ、補強することも必要になります。

○揺れに耐えられるように家具などは固定が必要でしょう。
避難するときに困らないように家具の配置も考えましょう。

早朝だった阪神淡路大震災では、
寝ている状態で家具の下敷きになった方々もおおかったようです。
このように重い家具については、
倒れないように様々が防災グッズを使って工夫しておきたいものです。

倒れてもまだゆとりがあるように、
家具を必要最小限にとどめることも必要でしょうね。
地震では,外のブロック塀などももろいようです。
その素材なども考え塀をつくっていきましょう。

コメントを残す