防災対策の基本とは

毎年、自然災害で大きな被害が日本の中で発生していますね。
そのほとんどが予測が出来ないでいます。
ですから、日頃からの対策が必要になります。

私たちは,日本に住んでいます。
日々、地震や台風などのいろいろな災害に遭遇しています。
それらの災害から自分や家族の命と財産を守らなければなりませんね。

具体的にどのような防災対策をすればよいのでしょうか。
基本的な防災対策の一つに防災袋があります。
防災袋の中には、いざという時のためにいろいろな防災グッズが入っています。

防災袋に入っているもの

○懐中電灯や電池式のラジオ
○水
○包帯、非常食などを
が入れてあります。

この防災袋があれば地震や台風、土砂災害など、
様々な自然災害の時に利用できますね。
水や非常食は、家族全員分で最低でも三日分は用意しておきたいですね。

防災袋は普段物入れなどにしまっておきます。
家族全員が防災袋の場所を把握しておかなければなりませんね。
被災時にすぐ取り出さなければならないす。

地震対策について

もっともリスクの大きい災害から対策することが
防災対策をするにあたっては、基本になります。
日本は世界的に見ても有数の地震多発国ですね。

家具の固定や災害マップの作製など、
地震時の災害対策をしておく必要があります。
また、地震などの自然災害に加え、注意したいのが
伝染病や食中毒の流行など一時的な災害です。

一時的な災害は予め予期してそなえることは難しいですね。
メディアなどで情報が多く流れるため、起きてからでも対策がしやすいと言えます。
また一時的なものなので、流行期に特に注意して防災対策をすれば

災害を回避できる可能性が大きくなります。
災害の起きるリスクと住んでいる地域や流行に合わせて
防災対策を行うことが基本ですね。

 

すぐに行える防災対策

自然災害や大規模な火事などは何時発生するかわかりません。
もし発生したら、とっさの命を守る行動がとても重要になります。
被災時に慌てないためには、どうすれば良いでしょうか。

そのためには、いつも防災対策を行う必要があります。
すぐに行える防災対策がありますので紹介します。

○地震対策のための家具の固定や防災袋の準備
○防災マップの作製などですね。

しかし、いくら多くのものを用意していても、だめなときもあります。
現実に被災した時に冷静な対応ができなければ大きな被害につながるからですね。

被災時に慌てないための心得

○事前の防災対策では家族や近隣の人々と定期的に話し合いの場を持ち、
いざという時の行動について共通理解を図っておくことが重要です。
何時どこで災害が起こるかわかりません。

そのため、家族がばらばらの状態で連絡がとれなくなることも多いと思いエーエムス。
事前に被災した時の避難場所や緊急連絡先を確認しておきましょう。

○被災した時には正しい情報を得るための手段の確保が必要ですね。

区や自治体、自主防災組織と連携しましょう。
情報の開示方法や問い合わせ先を把握しておくことも大切です。

被災した時の心得

○地震や火事で避難する際には、荷物をできるだけ最小限に抑える
○避難時は決して一人で行動せず周囲の人々と一緒に避難する
○もし高齢者や子供、けが人がいる場合は手をとり進んで手助けをする
○被災時には、助け合いの心を持って行動するようにする

普段から防災対策を行いましょう。
事前の防災対策はとても重要ですね。
いつ起こるか分からない災害のためのいざに備えたいものですね。