地域での地震対策と防災グッズ

緊急地震速報システムの整備などを気象庁ではすすめています。
また、今までは地震後に速報が流れることが多かったですね。
それは、実用的ではないなどの批判がありました。

地震のたびに課題は出てくるでしょうね。
そこはこれからの改善が望まれます。
身近な地域の地震対策について考えてみたいと思います。

地域の市町村が提供している災害対策や地震対策についての
ホームページがあります。
みなさんはそれなどを見たことがありますか?

また災害対策や地震対策のマニュアルを手にしたことはありますか?
災害に対するマニュアルなどは私たちの手の届くところにあると思います。
あとはその有益な情報を私たちがどのように意識して使っていくかが課題になります。

水害が出たところはハザードマップが作られているでしょう。
地震の多い地域ではそのような情報の掲示が必ずあると思います。
役に立つ防災グッズなどの情報もそこには、のっているかもしれませんね。

何かことがあってから悔やんでも遅いと思います。
まず、私たちにできることは地域の対策の状況をつかむことです。
これならば簡単にできることだと思います。

そしてその情報誌や防災グッズを
バッグの中に準備して入れておきましょう。
最低、避難場所の確認は事前にやらなければならないことですね。

 

防災対策とは、災害から本人や家族の命と財産を守ること

防災対策というのは、いざという時のためなんですね。
具体的にどのような防災対策をいうのでしょうか。
防災対策とは、災害から本人や家族の命と財産を守ることです。

そのためには、予め知識・技能を身につけ、予防することなんです。
災害とは

●自然災害
地震や火事、台風、洪水、土砂災害

●人為的災害
大規模な火事や爆発など

●さらには伝染病
等も含みます。

日本では災害対策基本法という法律があります。
それにより、防災や災害発生時の国や都道府県、
各市町村の取り組みを定めています。

各具体的な内容が都道府県のホームページなどで確認することができます。
また都道府県や地域によって災害は大きく異なりますね。
たとえば海沿いであれば地震の際には津波の危険があります。

山間部であれば豪雨による土砂災害の危険があります。
そのため、地域や自治体では、防災対策については様々に取り決めがあります。
日頃からどのような災害があるのか意識しておくことが重要です。

自分の住んでいる地域ではどのような災害の危険性があるのか。
またそれに対してどのような防災対策を講じているのか。
よく「危機管理」や「危機意識」が防災対策と

同義の言葉として使われていますね。
この危機に対する意識はとても重要になります。
防災をするうえでは、まだ起こっていない

未知の災害に対して行うのですからね。
そのために国では9月1日を「防災の日」と定めています。
全国的に防災訓練を行う日になっています。

防災は災害時の被害を最小限に食い止めるための対策になります。
起こってからでは遅いことを理解しましょう。
起こる前にできるだけ準備をしたいものですね。