家具についての地震対策(暖房器具)

(その他)

地震のときに大きな被害を出しそうな家具について、地震対策を書いてきました。
ここでは、そのほかの家具などについて考えていきたいと思います。

●ファンヒーターやストーブなどの暖房器具

最近のファンヒーターやストーブなどの暖房器具は
地震で自動的に消火するようになっていますね。
確認しましょう。

防災対策は万が一のことを常に考えることが大切です。
上から洗濯物をつるしたり、などと燃えやすいものを近づけないようにしましょう。
また、地震時に自分の身の回りの安全が確保し、

次にガスや電気などの火の元としてチェックしましょう。

●額縁や重い像、壷などの飾り物

額縁については、重いものは下げておかない方が良いかと思います。
しかし、下げるのであれば裏面の一箇所だけで吊り下げないで、
用心して数箇所固定しましょう。

そしてガラス面については防災グッズであるガラスの
飛び散りを防止するフィルムを貼っておきましょう。
像や大きな壷などは、落下すると割れてしまいますね。

ですから、床に直接置くかしまっておきましょう。
もしくは、倒れないように回りを囲むような台座を置くのも良いかと思います。
いろいろ工夫するようにしましょうね。

本棚の地震対策防災グッズ

 

家具などは重さがあのあるのでキケンだと想像できますね。
しかし、本棚の本などはどうだとおもいますか。
本は集まるとかなりの重量です。
これがいっせいに崩れてきたらと思うと大変です。

○本棚

重たい辞書などの本は棚の下段に置くようにしましょう。
本棚の整理が大事ですね。
最上段には軽い本にしましょう。

そして、本が飛び出さないように各段にベルトなどを貼っておくとベストです。
これは重い家具用のベルトでなくてもよいので防災グッズではなく、
少し厚めのズボン用のゴムなどでも代用できますね。

手芸店などや100円ショップでも買うことができますね。
しかし、インテリア的にはちょっと思われる方もいらっしゃるでしょう。
外観と家族の安全のどちらを取るかは言うまでもないと思います。