窓ガラスの地震対策

自然災害が起きるときに家庭の中には,危険なものが多く存在しています。
地震があったときに、凶器にかわりそうなものがあります。
ここでは窓ガラスへの地震対策を説明しておきます。

○窓ガラス

家々の窓ガラスがよく地震が起きた後の映像で、
散乱している様子が放映されていますね。
家の中にガラスが散ってしまうと、歩くときにケガをしてしまいます。

また,そのガラスをかぶったら大変危険です。
ですから、散乱を防止するフィルムを
地震対策として貼っておくと良いでしょうね。

戸建ての家で、全部の窓に貼るのが難しいと思います。
そうであるなら、大きいガラスのところや、
子供部屋など安全が優先される場所に限って貼りましょう。
これは通販の防災グッズ購入できます。

防災グッズとしてのラジオ

地震んには停電がつきものです。
携帯電話もつながらなくなることもあります。
ですからラジオが情報源として紀要になります。

地震対策としてどのようなラジオを用意しておくべきなのでしょうか。
一口にラジオと言っても様々なタイプがありますね。
そこは自分たちの用途にあったラジオにしておきましょう。

●雨などのために、防水機能が必要でしょうね。
●懐中電灯は別としてもライトがついているタイプのものも便利
●懐中電灯にラジオがついているものもあります
●ランタンのようになっているライトのついたラジオもあります。
●あまりにも大きいと邪魔になってしまいます。
●FM文字多重放送が受信できるタイプのラジオであれば、
どんなものでも大城です。

ちなみに我家では、防災グッズとして売られているような
ラジオが2台もありますね。
そして寝る前にそのラジオを枕元においています。

これは少し大げさな例かもしれませんね。
やはり私はライトがついていて、小型のラジオが良いです。
ラジオは地震対策として本当に必需品です。
役立ちます。