ペット用の防災グッズもこれからは必要

ペットブームがおきていますね。
最近ではペット産業は立派な産業になりました。
ペットが家族の一員となっている家庭が多いですね。

ペットに対してお金を使う人も多くなりました。
それでは地震が起きたら、この可愛いペットたちはどうなるのでしょうか。
避難所は集団での生活になります。

人間が生活するのが精一杯という状況ですね。
そのために、ペットの持ち込みが禁止になっている場合が多いです。
動物救護センターなどにペットと共に避難してきた人の中には預ける人もいます。

阪神淡路大震災では、およそ1500頭が自治体の
センターに預けられたということです。
また、預けることが忍びなくて車内や、
特別のテントを張って愛するペットと共に生活した人もいたようですね。

阪神淡路大震災で、ペットと人間の心温まる光景を避難所で見た方もおられと思います。
ペットは私たちの心を安定させてくれます。
避難生活のなかで、ペットが癒しの存在になることもあるでしょうね。

しかし、ここではまず避難所までペットを避難させることが大事ですね。
ですからペット用の防災グッズが必要になります。
実際に阪神淡路大震災後には、ペット用の防災グッズがとても売れたようです。

地震対策のなかでペットのことも考える人が増えたからですね。
どんな防災グッズがペット用としてあるのでしょうか。
またどんな防災グッズがペット用に必要なのでしょうか。

地震対策,防災グッズ,ペット,避難所,センター

被災者の声の形 メインセット 購入者の声

これだけのものを自分で揃えるとなると大変ですね。
この非常用の持ち出し袋は、あると便利です。
いろいろな防災グッズがコンパクトに収納されています。

この非難セットは、被災者の方々の声や実体験がいっぱい詰め込まれています。
多くの声を取り入れてつくられた避難セットです。
定期点検が簡単にできるチェックリストや収納解説書もついています。

購入者の声

自分でイチから揃えるのは大変でした。
ですからとても助かりました。
他店さんのものとも比較しました。

他店さんのものだと100円ショップにあるものなどもありまし。
それで心もとない感じがしていました。
しかしこの商品は本格的ですね。

他店さんのどこもセットにしていないものなどもありした。
これが被災者の声なんだろうなと思いました。
リュックもしっかりしているしポケットがたくさんあるのも良かったです。

一度リュックからすべて出して点検をしてみました。
チェック表と詰め直し方が記載された紙も入っていてとても有難かったです。
家族分の追加購入を考えています。

ただ、今回不備があり何点か不足しているものがあった為、
連絡したところすぐに対応してくれました。
被災者の方々の声や実体験がいっぱい詰め込まれた避難セットです。定期点検が簡単にできるチェ…