防災グッズといえば非常食

地震対策の防災グッズとしては、多くの種類があると思います。
その中でも、一番最低限必要なものは何でしょうか。
いろいろある仲で、それは食料品だと思いますね。

やはり防災グッズといえば非常食になりますね。
あなたは非常食に何があるかご存知でしょうか?
私も調べてみるまではわかりませんでした。

非常食には、かなり多岐に渡って多くの種類があるようです。
まずはご存知乾パンですよね。缶に入っています。
保存年数が長いのが非常食の特徴ですね。

乾パンは5年。
大人数用もあるようですがおよそ一缶で1食分です。
私は食べたことがあります。

予想よりも食べやすいですよ。
しかし、乾パンは水分がないために、
水やスープを飲みながらでないと完食は難しいでしょうね。

これを食事にするのは、見た目からも厳しい気がしますね。
しかし、軽いですし持ち運びには便利です。
また、乾パンではないですがリッツが防災用の食料として
缶入りのものが販売されているようです。

これも保存年数は5年です。
缶入りですが、あけやすいですね。
もちろん、リッツですから食事というよりはおやつになります。

また乾パンではなく、缶に入ったソフトタイプのパンもありますようです。
そして主食のご飯ですね。
ご飯にはレトルトのタイプのものがあります。

それと、水をたしてやるものの2種類にわかれます。
レトルトのものは暖めると食べやすいですね。
お皿などを使わなくて袋から片手で食べられます。

通常のレトルトは1年ほどが賞味期限になっていますね。
非常用のものは3~5年程度持つように作られています。
白米よりは混ぜご飯系のほうがおいしいようです。

水を入れるタイプのものは、もしも水があまりない場合には
ちょっと不便かなと思います。
味は比較的美味しいようです。

地震対策として食料品は欠かせません。
主食であるパンやご飯は食料のなかでもさらに欠かせませんよね。

ペット用の防災グッズもこれからは必要

ペットブームがおきていますね。
最近ではペット産業は立派な産業になりました。
ペットが家族の一員となっている家庭が多いですね。

ペットに対してお金を使う人も多くなりました。
それでは地震が起きたら、この可愛いペットたちはどうなるのでしょうか。
避難所は集団での生活になります。

人間が生活するのが精一杯という状況ですね。
そのために、ペットの持ち込みが禁止になっている場合が多いです。
動物救護センターなどにペットと共に避難してきた人の中には預ける人もいます。

阪神淡路大震災では、およそ1500頭が自治体の
センターに預けられたということです。
また、預けることが忍びなくて車内や、
特別のテントを張って愛するペットと共に生活した人もいたようですね。

阪神淡路大震災で、ペットと人間の心温まる光景を避難所で見た方もおられと思います。
ペットは私たちの心を安定させてくれます。
避難生活のなかで、ペットが癒しの存在になることもあるでしょうね。

しかし、ここではまず避難所までペットを避難させることが大事ですね。
ですからペット用の防災グッズが必要になります。
実際に阪神淡路大震災後には、ペット用の防災グッズがとても売れたようです。

地震対策のなかでペットのことも考える人が増えたからですね。
どんな防災グッズがペット用としてあるのでしょうか。
またどんな防災グッズがペット用に必要なのでしょうか。

地震対策,防災グッズ,ペット,避難所,センター