防災グッズを必ず揃えよう

日本は毎年自然災害があります。
それで、防災に対する意識は高まっていました。
何を揃えるか、防災グッズに関する考え方は人によって違います。

東日本大震災を受けて防災グッズを揃えようと言う
需要がいっそう高まっていますね。
最近ではホームセンターを始めとして、

色んな所で防災グッズがセットになって販売されています。
それによって、必要な物が準備できる様になっています。
防災グッズの出番は、大災害が起こった時です。

地震、大雨、洪水、台風等でライフラインを絶たれた時です。
もちろん使わないにしたいものですね。
用意していないといざと言う時に困ります。

東日本大震災の後、お店から色んな物が消えました。
慌てて購入しようとしたのですね。
カセットコンロ、懐中電灯等、電池、カップラーメン等がお店から消えました。

防災グッズにはいろいろあります。
ライフラインを助けるガス、水、電気。
お腹を満たすちょっとした食べ物等も有ります。

こうした防災用品は一度購入したらおわりではありません。
食べ物には賞味期限があります。定期的に交換していく必要が有ります。
また防災グッズを揃える時は平和な時です。

ですからあまり値段的に高いと、ちょっと抑えようと質を落としたりしがちです。
あれは要らないんじゃないかと思ってしまいます。
防災グッズは、いざと言う時に私達の生活や命を守ってくれます。

一気に揃えると高くつくから嫌だなと思う人は徐々に揃えましょう。
防災グッズを必ず揃えておく事をオススメします。

 

家具についての地震対策(暖房器具)

(その他)

地震のときに大きな被害を出しそうな家具について、地震対策を書いてきました。
ここでは、そのほかの家具などについて考えていきたいと思います。

●ファンヒーターやストーブなどの暖房器具

最近のファンヒーターやストーブなどの暖房器具は
地震で自動的に消火するようになっていますね。
確認しましょう。

防災対策は万が一のことを常に考えることが大切です。
上から洗濯物をつるしたり、などと燃えやすいものを近づけないようにしましょう。
また、地震時に自分の身の回りの安全が確保し、

次にガスや電気などの火の元としてチェックしましょう。

●額縁や重い像、壷などの飾り物

額縁については、重いものは下げておかない方が良いかと思います。
しかし、下げるのであれば裏面の一箇所だけで吊り下げないで、
用心して数箇所固定しましょう。

そしてガラス面については防災グッズであるガラスの
飛び散りを防止するフィルムを貼っておきましょう。
像や大きな壷などは、落下すると割れてしまいますね。

ですから、床に直接置くかしまっておきましょう。
もしくは、倒れないように回りを囲むような台座を置くのも良いかと思います。
いろいろ工夫するようにしましょうね。