本棚の地震対策防災グッズ

 

家具などは重さがあのあるのでキケンだと想像できますね。
しかし、本棚の本などはどうだとおもいますか。
本は集まるとかなりの重量です。
これがいっせいに崩れてきたらと思うと大変です。

○本棚

重たい辞書などの本は棚の下段に置くようにしましょう。
本棚の整理が大事ですね。
最上段には軽い本にしましょう。

そして、本が飛び出さないように各段にベルトなどを貼っておくとベストです。
これは重い家具用のベルトでなくてもよいので防災グッズではなく、
少し厚めのズボン用のゴムなどでも代用できますね。

手芸店などや100円ショップでも買うことができますね。
しかし、インテリア的にはちょっと思われる方もいらっしゃるでしょう。
外観と家族の安全のどちらを取るかは言うまでもないと思います。

 

 

窓ガラスの地震対策

自然災害が起きるときに家庭の中には,危険なものが多く存在しています。
地震があったときに、凶器にかわりそうなものがあります。
ここでは窓ガラスへの地震対策を説明しておきます。

○窓ガラス

家々の窓ガラスがよく地震が起きた後の映像で、
散乱している様子が放映されていますね。
家の中にガラスが散ってしまうと、歩くときにケガをしてしまいます。

また,そのガラスをかぶったら大変危険です。
ですから、散乱を防止するフィルムを
地震対策として貼っておくと良いでしょうね。

戸建ての家で、全部の窓に貼るのが難しいと思います。
そうであるなら、大きいガラスのところや、
子供部屋など安全が優先される場所に限って貼りましょう。
これは通販の防災グッズ購入できます。