すぐに行える防災対策

自然災害や大規模な火事などは何時発生するかわかりません。
もし発生したら、とっさの命を守る行動がとても重要になります。
被災時に慌てないためには、どうすれば良いでしょうか。

そのためには、いつも防災対策を行う必要があります。
すぐに行える防災対策がありますので紹介します。

○地震対策のための家具の固定や防災袋の準備
○防災マップの作製などですね。

しかし、いくら多くのものを用意していても、だめなときもあります。
現実に被災した時に冷静な対応ができなければ大きな被害につながるからですね。

被災時に慌てないための心得

○事前の防災対策では家族や近隣の人々と定期的に話し合いの場を持ち、
いざという時の行動について共通理解を図っておくことが重要です。
何時どこで災害が起こるかわかりません。

そのため、家族がばらばらの状態で連絡がとれなくなることも多いと思いエーエムス。
事前に被災した時の避難場所や緊急連絡先を確認しておきましょう。

○被災した時には正しい情報を得るための手段の確保が必要ですね。

区や自治体、自主防災組織と連携しましょう。
情報の開示方法や問い合わせ先を把握しておくことも大切です。

被災した時の心得

○地震や火事で避難する際には、荷物をできるだけ最小限に抑える
○避難時は決して一人で行動せず周囲の人々と一緒に避難する
○もし高齢者や子供、けが人がいる場合は手をとり進んで手助けをする
○被災時には、助け合いの心を持って行動するようにする

普段から防災対策を行いましょう。
事前の防災対策はとても重要ですね。
いつ起こるか分からない災害のためのいざに備えたいものですね。

防災グッズを必ず揃えよう

日本は毎年自然災害があります。
それで、防災に対する意識は高まっていました。
何を揃えるか、防災グッズに関する考え方は人によって違います。

東日本大震災を受けて防災グッズを揃えようと言う
需要がいっそう高まっていますね。
最近ではホームセンターを始めとして、

色んな所で防災グッズがセットになって販売されています。
それによって、必要な物が準備できる様になっています。
防災グッズの出番は、大災害が起こった時です。

地震、大雨、洪水、台風等でライフラインを絶たれた時です。
もちろん使わないにしたいものですね。
用意していないといざと言う時に困ります。

東日本大震災の後、お店から色んな物が消えました。
慌てて購入しようとしたのですね。
カセットコンロ、懐中電灯等、電池、カップラーメン等がお店から消えました。

防災グッズにはいろいろあります。
ライフラインを助けるガス、水、電気。
お腹を満たすちょっとした食べ物等も有ります。

こうした防災用品は一度購入したらおわりではありません。
食べ物には賞味期限があります。定期的に交換していく必要が有ります。
また防災グッズを揃える時は平和な時です。

ですからあまり値段的に高いと、ちょっと抑えようと質を落としたりしがちです。
あれは要らないんじゃないかと思ってしまいます。
防災グッズは、いざと言う時に私達の生活や命を守ってくれます。

一気に揃えると高くつくから嫌だなと思う人は徐々に揃えましょう。
防災グッズを必ず揃えておく事をオススメします。